ソフトウエア技術者のご紹介

2022年1月中旬に研修を修了するソフトウエア技術者の社員が5名在籍しています。いずれの社員も20代の若手エンジニアです。
1月中旬以降、ソフトウエア開発リソースの拡充を計画されているお客様のお役に立てれば幸いです。

 

図研テックのソフトウエア技術者研修

弊社のソフトウエア技術者向けの研修のなかから、“若手”向けの2つの研修コースをご紹介します。
研修カリキュラムの詳しい資料は本ページ下部のフォームより資料請求・お問い合わせください。

 

1.ソフトウエア技術者教育コース (新卒・開発実務経験1年未満対象)

情報セキュリティ
  • 情報セキュリティに関する理解度のテストを実施し、現時点における理解不足な部分を確認します。
  • 情報セキュリティに関する次の基礎的な知識を習得します。
 1.今日のセキュリティリスク
 2.情報セキュリティの基礎知識
 3.お客様情報の取扱いに際しての遵守事項
1日
プログラミング言語 受講者のスキルレベルの把握と、比較的難易度の低いVBAを用いて“業務レベルのソースコード”を書く必要性を理解するために、簡単なアプリケーション作成演習を行います。VBAとは言え、1つの言語を正しく習得することで、他の言語習得にも効果があることも理解します。 10日
開発業務の基礎知識 プロジェクトの一員として、業務を遂行する上で必要となる基礎的なスキル(テクニカル能力・コミュニケーション能力・マネージメント能力)を習得します。
(1)システムインテグレーションサービスの流れ
(2)アジェンダ、議事録、文章作法
(3)WBS(+ガントチャート)と進捗管理
2日
設計手法 要件定義手法と共にモデリング手法を実践的(演習中心)に学習します。また、機能仕様書および検査仕様書の作成方法、設計段階での品質の作り込みについても学びます。 10日
開発環境 Visual BasicやC#、C++など、さまざまなプログラミング言語に対応し、Web系を始め、組み込み系やスマホ向けのアプリケーション開発まで、多彩なプログラムの開発に利用されている、統合開発環境Visual Stadioの基本的な使い方について、インストールから学びます。 3日
Visual Basic言語学習 Visual Basic言語によるプログラム実行の仕組みや、基本文法を学びます。また、オブジェクト指向プログラミングの基礎を学び、その特徴を生かしたプログラムを作成するスキルを身につけます。 5日
Visual Basic開発演習 Microsoft SQLを用いた中規模のアプリケーションを開発します。
自動券売機を課題に、仕様書作成~検査を実施、日次の進捗管理を含め、実践的な開発業務を疑似体験します。
20日
 

51日

 

2.ソフトウエア開発(Ubuntu+C)研修コース (開発実務経験3年未満対象)

ガイダンス・学習環境構築

本研修では、Ubuntu 20.04 上で C 言語によるソフトウエア開発を行います。
開発するのは、2台のデバイス間のネットワーク通信プログラムです。

1日

C言語及びLinuxプログラミング

「独習C 新版」「ふつうのLinuxプログラミング 第2版」を用いた独習
教師担当社員がQAに対応、日次の進捗確認を行います。

9日

開発業務の基礎知識(座学)

プロジェクトの一員として業務を遂行する上で必要となる、次の基礎的なスキル(テクニカル能力・コミュニケーション能力・マネージメント能力)を習得します。弊社オリジナルのテキストを使用します。

2日

要件定義手法(演習)

詳細なヒアリングに基づく「ユーザ要求定義」「システム要件定義」を纏める次の手法を学習します。このとき、機能要件はもちろん、求められる非機能要件も特定した上でシステム要件定義の中に網羅し、スケジュールの立案まで実施します。
演習の目標は、隠れた要求やリスクに気付くことで、要件定義およびスケジュールを作成する上で必要な能力の不足を把握することにあります。

9日

システム設計手法(演習)

システム設計手法(開発前に機能モデルを明確化する手法、および設計段階で品質を組み込む手法)を、
次の共通フレームワーク2013(JIS X 0160:2012)に従って学習します。(小規模のソフトウエア開発では冗長と思われる内容は割愛)
演習の目標は、継続的に改善する能力(プログラミング的思考)の不足を把握することにあります。
プログラミング的思考の習得は、ソフトウエア開発の基礎的な業務遂行能力の中でも重要であり、全演習を通じての課題です。

14日

開発・プログラミング(演習)

設計結果に従って、2台のUbuntu 20.04 上で、 2 台のデバイス間のネットワーク通信プログラムを開発します。
正常処理や異常処理など全ての設計結果の組み込みはもちろん、性能要件を満たすためのコーディングができる能力の習得を目標としています。
開発終了後、どの程度の C 言語プログラミング能力を身に付けたか、C言語プログラミング能力認定試験の 3 級および 2 級のサンプル問題(公開問題)を解き、現在の実力を把握します。 (試験時間:150分、多肢選択型、正答率 60% で合格)

15日

テスト(演習)

完成したネットワーク通信プログラムのテストにおいては、機能要件に関する動作テストはもちろんのこと、ログを解析することで品質要件(非機能要件)や性能要件の証明も行います。

5日

 

55日

 

研修を修了したソフトウエア技術者の派遣実績

上記の研修コースを修了した弊社のエンジニアの派遣実績をご紹介します。
ご契約にあたり、開発実務経験の短さにご不安をお持ちのお客様もいらっしゃいましたが、
現在では、いずれのお客様からも「十分戦力になっている」とのご評価を頂戴しています。

お客様業種

開発対象

担当業務

人数

ITソリューションサービス

組込みデバイス

コーディング、テスト

1名

情報インフラシステム

表示装置

コーディング、テスト

2名

CRMインテグレーション

Saas

カスタマイズ

1名

電子デバイス開発

設計環境インフラ

データ分析、ツール開発

1名

CRMインテグレーション

Saas

Nocode開発、カスタマイズ

2名

車載機器開発

社内システム開発

コーディング、テスト

1名

システム開発ベンダー

Webシステム

サーバサイド試験・テスト

1名

 

9名