ZukenTecNEWS

e-learningサービス 『eZラーニング』ご提供開始のお知らせ

テレワーク/リモートワーク時代に対応した技術者教育

昨今のコロナ禍と、それに伴なう企業のテレワーク/リモートワーク化によって、集合研修の実施は困難な状況です。
図研テックでは、これまで延べ5,000名超のお客様(=電気・電子及び機械設計者、CAE技術者)に受講いただいている「EMC設計教育」「熱設計教育」の実績に基づいて、e-learningサービス『eZラーニング』のご提供を開始します。

 

『eZラーニング』とは?

集合研修の単純な置き替えではなく、e-learningならではの利便性を最大限に活用いただける「EMC設計教育」「熱設計教育」コンテンツをご用意しました。

    • LMS(Learning Management System)を用いた進捗管理ができる
    • 1日6時間で実施していたテキストを細かい章に分割、短い隙間時間でも学習を進めることができる
    • 各章ごとに演習問題を設けることで、学習効果を細かく確認できる
    • 従来の集合研修で使用していたテキストには無い、『eZラーニング』のみのコンテンツが利用できる

詳しいサービス内容は、下記の資料をダウンロードしてご覧ください。

『eZラーニング』のLMS(Learning Management System)はロゴスウェア株式会社のPlatonを使用しています。(ロゴスウェア株式会社)お客様が、既に運用中のその他のLMSへのコンテンツ設置など、ご提供形態についてのご要望なども、お気軽にご相談ください。

 

『eZラーニング』のコンテンツを体感してください

各コンテンツのリンクをクリックすると、実際にご提供する『eZラーニング』のコンテンツ1章分の「音声付きテキスト」「解説書」「章末問題」をご覧いただけます。
ご視聴環境はPCの他、スマートフォンやタブレットにも対応しています。

 

EMC設計 第1章コンテンツ

EMC設計 第1章コンテンツの公開は終了しました。
現在公開中のコンテンツは、こちらからご覧いただけます。

音声付き動画テキスト 解説付きテキスト 章末演習問題
EMC設計 第1章 テキスト EMC設計 第1章 解説 EMC設計 第1章 章末問題
  スキルセルフチェック  
  セルフチェック  

 

熱設計 第2章コンテンツ

音声付き動画テキスト 解説付きテキスト 章末演習問題
熱設計 第2章 テキスト 熱設計 第2章 解説 熱設計 第2章 章末問題
  スキルセルフチェック  
  セルフチェック  

 

EMC設計・熱設計スキルセルフチェックはExcelシートでもお試しいただけます

一般的なe-learningの“課題”もまとめて解決

集合研修の開催が難しい情勢下で、多くのお客様が、改めてe-learningの導入やコンテンツの見直しを検討されたことと思います。

自社に適したコンテンツを内製できる体制があれば良いのですが、市場に流通している電気・電子回路設計、機械設計のe-learningコンテンツは、「学びなおし」のような初歩的・総合的なものや、製品分野に特化した(コンテンツの作り手の経験に根差した)ものが多く、いざ導入となると選択に困ることもあるのではないでしょうか。

『eZラーニング』は、製品分野によらないエレクトロニクス製品設計のEMC対策、熱対策の問題解決に直結する設計者向けのコンテンツです。是非、コンテンツの全体像や詳しいサービス内容を資料でご覧ください。

コンテンツの活用方法から丁寧にご提案させていただきます。
まずはお気軽にご連絡ください。